泉北原山台C団地管理組合(1丁6)

原山台C団地は、店舗5戸・住戸103戸の計108戸からなる2棟茶色の高層マンションです。築後43年が経過していますが、いまだ、中古マンションとしても人気上昇中です。近々に大規模改修を予定中です。

マンションの運営は基本的には自主管理で、外部の管理会社に業務の一部を委託しています。管理組合の役員は住民から輪番制で選んでいます。ただし、80歳以上の高齢者は、原則役員免除と決めています。

理事会の付属クラブとして「自動車部」「みつわ会」「子ども会」及び「花の会」が目下、活躍中です。住民の意志で入会も退会も自由です。

 「自動車部」は車の所有者で構成され、管理組合と合同で団地内駐車場全般の管理と運営を行っています。

「みつわ会」は、住人の親睦を目的に喫茶や手芸、講師を招いての教養や健康講座、外での花見会とバラエティ豊かな会です。

「子ども会」は一時途絶えていましたが近年復活し、今は少人数ながら水遊び、クリスマス会、ホーリング大会など家族ぐるみの楽しい会です。

「花の会」は団地内の花植え、水やり、草取り等、週に1回花の管理と作業を実施して、団地の住民はもとより歩道を通る近隣の住人の人気場所となっていて、季節ごとに咲く花は見事です。今般、堺市から団地周辺の緑道をボランティアとして清掃等を行う「アドプト制度」の認定を頂き、地域の美化活動も実践しています。

アドプト制度とは
アドプトとは英語で「養子縁組をする」という意味です。
行政と市民が二人三脚で行うまちづくりの一つで、行政と市民が協定を結び、行政が整備した公共施設(道路や公園など)を市民がボランティアで管理します。

是非、団地店舗前の花壇を見てください。

みつわ会

みっちゃん :  1丁6番で、何か楽しい集まりがあるって聞いたけれど?

わっちゃん : もしかして「みつわ会」のことじゃない!

みっちゃん :  それって老人会のこと?

わっちゃん :  違う! 違う!

             『ご近所さんで顔見知りを作りましょう』と呼び掛けて、今から 15年前に作られたんだよ。現在、会員は23名。

みっちゃん :  へえ~。それで、みんなで何をしているの?

わっちゃん :  いろいろ、やっているよ~。以前はバス1台借り切って日帰り旅行も何度か行ったよ。「原山台ふれあい夏祭り」にも手作り品やおにぎりなどを出したこともあるしね。今は、毎月2回活動しているよ。第3木曜日は手芸、体操、脳トレ、ミニ講座など。

みっちゃん :  桜を見ながら、みんなでお弁当を食べている様子を見たことある!

わっちゃん :  オオーッ! それそれ!  新年会に始まって、お花見、納涼会、クリスマス会など、皆で楽しんでいるよ。

毎月、最後の木曜日には「なごみ喫茶」も開いているしね。この時のコーヒーやお抹茶にお菓子は、大人気だよ。今度、食べに来て!

みっちゃん :  うん!  わかった!   行ってみる!

20220701